« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

August 28, 2004

ゴーヤ

My recent favorite veg., bitter gourd.

 ゴーヤ【bitter gourd】は沖縄の夏野菜として有名で、皆さんおなじみで苦い。とても健康らしくひそかに僕の中でブーム。この写真はたまたま小さいゴーヤで可愛かったので写したのだった。
 このゴーヤは結局、豆腐と一緒にいためてチャンプルにした。硬めで少し苦めにしておくのが僕の好みのようだ。Goya20040828.JPG

| | Comments (0)

August 27, 2004

「7025 Franklin Ave.」…レストラン2

One of my friend introduced me this restaurant.

 It mainly serves hamburgers. レストランはとてもおしゃれでメインはハンバーガー。3つのサイズから選ぶが僕がこの日に選んだのはアボガドバーガー中サイズで約1300円。今までにないメニューということもあって即決定した。お味は!? これがまた上品で絶品!美味しかった♪
 7025 Franklin Ave.は五反田とソニー本社をつなぐ道を一本脇に入ったところにある。五反田からは7分程度と少し歩くが行く価値はあるかと思う。是非、ハンバーガーを落ち着いた雰囲気な空間で食べたいと思う方には是非。
Franklin20040827.jpg

| | Comments (0)

August 25, 2004

BDY発見!

I found racoon monument at Aoyama.

まぁ取り分け何でもないのだが、上司に似ているので思わずシャッターを押してしまった…

隊長(*゚ρ゚)ゞ
BDY発見しました!逮捕!
Buday20040825.JPG

| | Comments (0)

August 21, 2004

富士登山

This day, I have finally trecked up Mt. Fuji.

Mt. Fuji as all the people in Japan knows, it is the highest mountain in Japan with a height of 3,776m. My good friend, Satoshi and I trecked up this Mt. Fuji from 5-go and to the peek.

 登山はしたことがない自分は友人であるサトシの一声で富士登山にチャレンジすることを登山の1ヶ月前に決意していた。興味があったのですぐにokをしたのだった。

横浜町田IC~須走口5合目 
当日は17:30に相模大野でサトシを車で拾い、東名の横浜町田ICより御殿場ICへ向かった。結局混雑していたため横浜町田ICは18:30になっていた。御殿場ICには一時間弱で到着し、下の道を通り須走口5合目へ向かった。途中、吉野家、マックで夕食とエネルギー補給をし、ダイソーで足りないものを物色した。また途中でコンビニに寄り、チュッパチャップス(飴)3本、カテキン式(お茶)500mlを1本、Vittel(水)500mlを1本、100円チョコレートを1袋、トッポ(お菓子)を1箱購入した。そしていざ5合へ向けて出発。

須走口5合目~本6合目
 車で5合目に到着したのは20:00。この日に会社の後輩も同じ口から登ることを知っていた僕らは5合目で会うことができた。彼らは12人いて、内2人は富士登山経験者。その他の山も結構登っているとのこともあり、はじめは登るペースを教えてもらいながら、ついて行くことにした。登山の準備を含め5合目出発は21:00となった。
fuji015gou20040822.JPG

 6合目までは草木が多い森林を歩く。はじめは森、そして登るにつれ徐々に高い木が減り、高山特有の低い木へと変わり視界が広がっていく感じだ。上り坂もさほど苦しくもなく、酸素も多いためさくさく進む。2度ほど確か休憩を入れ、本6合目に着いたのが23:00。
fuji02start20040822.JPG

 6合目ではトイレへ行き、それ以外は立ちながら休憩を取った。
fuji036gou20040822.JPG


本6合目~本7合目
 本6合目を出発すると、先はもう既にほとんど石ころと砂利。草木はほとんど生えていない。上り坂は少しずつ厳しくなってきた。あと疲れとともに酸素が少なくなってきてることが分かる。頭がボーっとしはじめた。
 ともに行動をしていた12人の後輩のうち女性一人が、気分を悪くし途中で止まった。バッグはもはや背負える状態ではなく別の人に持たせることにし、彼女はストック一つで登ることになった。新7合目まで途中2回ほど休憩を入れたが、少し息切れをする程度で高山病もなく僕自身の身体は順調だった。
 我々は順調に進んでいたと思っていたが新7合目に丁度着いたとき、体調を悪くした女性は吐いてしまった。明らかに高山病による頭痛と嘔吐だ。新7合目についたのは0:40と既に真夜中で、酸素が少ないこともあったのかあくびが止まらない(笑) 集団は一時、ガスコンロを出し暖かい飲み物を体調を崩した彼女にあげていた。彼女はここまでで終了とし、その彼氏とともに新7合目の小屋で寝ることになった。僕は事前に買ったチョコレートを食べ始めた。これが止まらないくらいに美味しい。ここまでで既に僕はカテキン式を半分、水を半分飲んでいたため、トイレが近くなりまたトイレへ駆け込んだ。そして小屋のトイレは1回100円、「払わないとトイレ掃除をしてもらう」と書いてある札を見て、潔く払った。こんなところでトイレ掃除だなんて辛すぎる…
fuji04shin7gou20040822.JPG.JPG

 そして本7合目へ向かった。またひたすら砂利道を登る。今回はメンバーが少し減って列が短くなったが、以前スローペース。どうやらゆっくり登るのが必勝法のようだ。休憩は取らず一気に本7合目まで向かい、本7合目に到着したのが1:30。写真からも分かるが既に3000mを超えていて、上のほうに来たのだと感じる。少し休憩を取ることにしたが、僕はまだ頭痛はないが疲労は感じる。チョコレートを食べた…
fuji05hon7gou20040822.JPG.JPG

本7合目~8合目
 いよいよ8合目を目指すことになったが、これまたひたすら登る。砂利道にだんだん大きな岩も見え始める。疲れもあり進み具合も遅くなってきた。例によって残りの12人は行列で進むが、そうこうしているうちにノンストップで2:13に8合目についた。
 が、問題はこの8合目に起きた!なんと河口湖口と合流したのだ。河口湖口と言えば人気ルート、それに対して須走口は距離が長いということもあって人が少ない。そんな河口湖口と合流し、ルートは大混雑。上を見上げれば頂上は近そうだが人が多くて順調に先に進めそうもない。団体客も多く、年配の集団も見伺えるが、団体を引き連れるガイドさんがマイクで「ここから頂上まで2~3時間かかります」と言っているのが聞こえ、僕は正直焦った。まだ9合目にも到達していない上に、周囲が明るくなるのが4:30頃でご来光が5:10頃と聞いていたので焦りは隠せない。
fuji068gou20040822.JPG.JPG

8合目~山頂
 12人で8合目を再び出発したが、人が多すぎていっこうに進まない。友人のサトシと僕は後輩たちと別れて行動することにした。2人での初の行動だ。後2時間数分の勝負ということもあって小走りで登り始めたのだが、人を掻き分ける勢いである。ここからはまさに地獄絵図。狭い坂道にぎゅうぎゅうの行列。お祭りの帰り道のような混み具合だが、みんな目標の場所は山頂。蜘蛛の糸のように切れてしまうわけではないが、おぞましい光景だった。
 9合目は小屋はもうなく、ただの鳥居だけであった。砂利と岩の道だったのも、赤茶色の溶岩石の道になり、よじ登る感じとなる。決してまともに歩くことができる状態の道ではない。そして道は狭く3人が同時に歩けるくらいの幅で、遅い人は左側、早い人は右側の方で歩くことを余儀なくされ、僕とサトシはがむしゃらに駆け上った。おかげで僕は高山病の症状と思われる頭痛に悩まされ始めた。
 登っているうちにも下は明るさを帯び、上を見れば雲が覆い始め、ご来光は見えないのかもしれないと焦りと心配とで気が狂いそうになった。4:45頃、既に周囲は明るいが雲の中2人は最後の鳥居を発見した。山頂だった。高山病で頭ががんがんしたが、感動した。とにかくご来光前に登り切った達成感でいっぱいだった。

fuji07peek120040822.JPG
ご来光前の山頂(雲でガスってる)

fuji08peek220040822.JPG
ご来光から数分後、雲も晴れた

fuji10peek420040822.JPG
山頂にある鳥居(鈴が大量についている)

fuji11peek520040822.JPG
富士山の火口(火山があったことを物語っている)

fuji12peek620040822.JPG.JPG
下山開始とともに見える山頂にある小屋

下山
 下山開始は5:45。下るのはとても早い!駆け下りるというか砂地を滑り降りるような感じだ。写真は既に5合目の近くだが上を見上げてのショット。富士山には雪もなく、自然のままの富士山だ。
fuji13down20040822.JPG.JPG

 駐車場エリアに着いたのは8:00。登るのに約8時間かかったのに対して、下りが2時間15分。あっけない感じだったが、下りも登りとは違う筋肉を使うのか足はがくがくになった。

登山記録
21:00 5合目出発(登山開始)
23:00 6合目到着
00:40 新7合目
01:30 本7合目
02:13 8合目
04:45 登頂
05:45 下山開始
08:00 駐車場付近

装備品
Tシャツ(スタート時着)
カーゴパンツ(スタート時着)
ボクサーパンツ(スタート時着)
スノボ用ソックス(スタート時着)
トレッキングシューズ(スタート時着)
帽子
フリース
ウィンブレ
スノボのパンツ
軍手
約20Lのザック
懐中電灯(単三電池2本使用)
予備の単三電池2つ
カメラ関係(一眼レフカメラ本体、カメラのレンズ50mm、カメラのレンズ28-70mm、一眼レフカメラの電池CR-2を予備2本、デジカメ本体)
救急関係(バファリン2錠、目薬、コンタクトレンズ入れ、ばんそうこうたくさん)
食料関係(飴袋1つ、チュッパチャップス2本、トッポ1箱、チョコ1袋)
飲料(カテキン式500mlを1本、Vittel500mlを1本)
ゴミ袋用のビニール袋2つ

天候
出発の5合目:
 晴れ
 18℃(Prado温度計)
山頂の天気:
 雲(曇りではありません、雲です)
 0℃
 風速15m(体感的には20mくらいな感じ)
下山時の5合目:
 晴れ時々曇り
 20℃ 

| | Comments (0)

August 14, 2004

鱧しゃぶ

My family met with my aunts and my grandma.

大阪のマルビル(決して丸の内ビルではありません)の「桂」というレストランで鱧(はも)料理を食べた。関東ではあまり見かけないため僕が物心をついて初めて食べた。もちろん刺身のようなものから小皿に乗るような和え物にしてあったりだが、メインは鱧しゃぶ。しゃぶしゃぶは少しだけ鍋に入れてさっと食べるくらいに半生がおいしかった。
Hamonabe20040814.JPG

| | Comments (0)

スカイライン クーペ 3.5 350GT

My father owns blue Skyline Coupe.

 In States, this car is called Infiniti G35 Sport Coupe. 父親は以前、アメリカにいる時も Infiniti Q45を乗ってた。ひそかに日産車が好きなようだ。
 実家に帰って少しだけこのスカイラインを運転させてくれた。オートマなので僕でも運転できるわけである(汗)自分のPradoとは違い、車高がとても低く目線もかなり下。スピード感が全くない上に、カーブでももちろんロールしない。同じ2000回転でもぜんぜんトルクが違うし、伸びも違う…(そりゃーそだ)。同じだったら意味がないな。
 あと実家の玄関と、実は父親の姿も見える^^;
Skyline20040814.jpg

| | Comments (0)

August 13, 2004

おばあちゃんのおみまい

My grandma is hospitalized at Sanda's hospital near by my parents house.

 お盆と言うこともあっておじいちゃんのお墓をお参りし、おばあちゃんが入院する病院へ行った。Grandma is having a Parkinsonian Syndrome[パーキンソン症候群]. かれこれ診断されてから6-7年は経っている。もちろん症状は良くなることはない。筋肉は依然硬直したままで身動きが取れないようだった。3年くらい前に既に発声できなくなってしまっているので意思疎通も全くできない。I feel so sorry about my grandma. I wish I could talk with her like when I used to be young. She was always talkative and in one way very sharp tongue; she now unable to talk. 仕方がないことだが非常に寂しいし悲しい。
 ともあれ両親とお見舞いに行ったのだが、非常に良い場所で畑や田んぼで囲まれていた。トンボが飛び、つくつくぼうしが鳴いていた。もう残暑なのだと感じた。
Hospital20040813.JPG

| | Comments (0)

August 12, 2004

不慣れな大阪

I went to Osaka to go to my parents house at Hyogo-ken, Sanda-shi.

 Well, I met my friends at Osaka but place to meet was impossible for me to find... 大阪ってかなりごちゃごちゃしてて分からない…単に慣れてないだけだと思うけど、とにかくいつも迷子になれる(;д;) こんなに方向音痴だったかなぁと思うくらいに迷う。
 待ち合わせ場所が阪急デパートのソニプラ前だったが、今回迷子でたどり着いたところは阪急デパートのNAVIO。9F建てだと思われるビルの中には、赤色の巨大なクジラが飾られていた。珍しいこともあって1 shotしてきたのが、この写真。

Navio20040812.JPG
結局待ち合わせ場所からかなり離れた場所だったので、友人にNAVIOまで来てもらうことになったのであった…

| | Comments (0)

August 11, 2004

三光ビル…大学生活の思い出1

I used to live in Higashi-Rinkan, it is near by Route 16.

 大学生1-2年のころ、東林間のこの黄色いビルの3階に住んでた。東林間は小田急片瀬江ノ島線で、相模大野の隣駅。もちろん小さな駅なので急行は停まらない。大学の最寄は湘南台で、小田急線で約20分くらいだった。大半の友人は湘南台エリアに住んでいたのだが、僕は友人などの拠点扱いにされたくないことや、少し大学から離れたかったこともあって東林間を選んだ。当初は、南林間や中央林間も候補に上がっていたのだが、ともに小田急の急行が停まるということもあり高値で、比較的安い東林間に落ち着いた。
 色々このマンションには思い出が詰まっている。日本に帰ってきてすぐにここで独り暮らしをし、不安な毎日だったが、今になってみればよい経験だった。自転車を購入したがすぐさま盗まれたことや、カレーを作ったがかたずけなかったことによってカビをはやしてしまったこととか、洗濯物が乾かず生乾きで臭かったこととか…。懐かしいことばかりだ。
 I always pass by this apartment when I go to Sweety's house. In Engish, we do not say "mansion" we say this "apartment". How weird Japanese is(*o*;). ということで今はこの東林間のマンションを車でよく通り過ぎる。当時は再購入した自転車で見る眺めだけだったが、今は車になった。あれからいかに成長したかと通り過ぎるたびに実感する。
Apartment20040811.JPG
三光ビル

| | Comments (0)

August 09, 2004

「Raj Mahal」…レストラン1

I went to eat Indian Curry at Roppongi for lunch with some of co-workers.

 Raj Mahalという六本木にあるインドカレー専門のレストランで昼食をした。昨晩の父親との飲み食いで腹痛になってしまったが、約束していたので食べに行った…。会社は青山一丁目と乃木坂の間にあるのだが、そこから歩いて10分くらいしたところにこのレストランはある。ほとんど六本木駅だ。
 食べたのはRaj Lunch。カレーは数種類から1品(ラムカレーにした)、ナンとライスはおかわり自由で、飲み物(コーヒー or ティー or ラッシー)、デザート(タピオカヨーグルト)が付いてきて、1000円。ボリュームは半端がない。同期マットもきっと満足な量であろうf(^-^;
 お味はというと、おいしかったです!ナンがおいしく、青山一丁目にあるインドカレー(噂によるとネパールカレーらしい)よりもおいしかったです。
Curry20040810.jpg

※ネパールで食べたカレーは、インドのカレーよりも少し辛味が抑えられている感じだった。ライスがメインで、チャパティーやナンはなく、その代わりにカレーうどんがあった(笑)

| | Comments (0)

油蝉(アブラゼミ)

I saw a cicada on the tree near by my bus station.

 ちょっとピンぼけしちゃってるけど、セミを激写した。恐らくアブラゼミだが、こんなに下の方にとまってるのは久しぶりでまじまじと眺めてしまった。
 セミと言えば、幼虫のころは土の中に何年もいて、セミになって外にいられるのたったの7日。そのたったの7日にあの「ミーンミーン」と言う夏らしい音を鳴らしてくれる。セミがいない日本の夏はきっと何か物足りなさを感じると思う。僕は小さい頃、昆虫が大好きでおばあちゃんの家に行っても公園でセミの抜け殻を探したり、クワガタやカブトムシがいないか探し回っていた。もちろんセミはつかまえてもたったの1週間しか生きないしうるさいからつかまえようと思わなかった。でもクマゼミとか、あの大きなセミが大阪の公園では鳴いていたりして感動したことを覚えている。
 アメリカにもセミはいるし鳴いてはいるが、日本で鳴いているセミとアメリカで鳴いているセミで何か異なる。はなぜだろうか?日本はしつこい湿度と暑さのなか歩くことが非常に多く、外で過ごすことがアメリカより長い気がする。外にいる時間が長い分、セミの音をよく聞いているのだと思う。勝手な想像だが、ムッと来るこの日本の暑さとセミがマッチするのではないかと思う。
Cicada20040810.jpg

| | Comments (0)

XI[sai] record ... 16413

On my lunch time at Doutor, I got 16413.

I am actually still playing XI....
もうマットに約1万点の差が生じている。明らかにジョグダイヤルが使えない。的確な動きができないんだよね。くー、悔しい!

| | Comments (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »