« デッドエンド(1級)を完登 | Main | BPUMP2へ行ってみた »

January 06, 2008

Grading System in Japan

Japanese bouldering grading system is different from US or France grading system. In US, we use V system but in Japan, we use Kyu and Dan. A website that I use, abrocky, and the topo called "Kurohon" is different. Today I would like to put "Kurohon" grade. The photo below is the book. By the way, "Sho" means one.

 これはあくまで黒本に書いてあるものを英語に書いてみただけです。他のサイトを見ると少し違います。1級は黒本だとV4-5なんですね。むー、まだV6を登れていないのかぁと思うとちょっと残念。あと、初段は大分幅があるというのもびっくり。V15とか書いてますが、どう考えても無理ですので書いた意味がない(笑)
Kurohon
VB-V3: 10Kyu-2Kyu (10級-2級)
V4: 1Kyu (1級)
V5: 1Kyu (1級)
V6: Sho Dan (初段)
V7: Sho Dan (初段)
V8: Sho Dan (初段)
V9: 2 Dan (二段)
V10: 2 Dan (二段)
V11: 3 Dan (三段)
V12: 3 Dan (三段)
V13: 4 Dan (四段)
V14: 4 Dan (四段)
V15: 5 Dan (五段)

追記>
と、ポンするめさんやGさんの言うように一つの級にかなりばらつきがあるのであくまで参考程度にしか使えませんね・・・。
やっぱり楽しく登れればokかと思いますヽ(‘ ∇‘ )ノ

|

« デッドエンド(1級)を完登 | Main | BPUMP2へ行ってみた »

クライミング」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰。
成果出てるみたいね。

さて、本件について、昨日、Gとも話しました。
思うに、1級は1級で良く、Vグレードに直す必要は無いと思います。そもそも、グレードはエリアごとにバラツキがあるし、同じエリアでもバラツキがあったりするし、登った時期によっても体感グレードは変わるし。アメリカのVグレードにしても、日本の段級システムにせよ、エリアによってバラツキがあるのは事実で、それをイコールにしようとすること自体、かなり無理のあることだと思います。

グレードは一つの目安で、有名課題に登れたんだからそれで良いと思います。1級で登るべき課題は、あとエイハブ船長だね。来春、登っちゃってください。

いずれは、蟹や虫に取り付けるくらい、お互い精進しましょう。僕はまず膝を直さないとね。

Posted by: ポンするめ | January 07, 2008 at 12:04 PM

ポンするめさん>
確かに級にはかなりばらつきがあるのでVグレードに直すには無理があると思います。段になるともっとばらつきがあるのかも知れませんね・・・。とりあえず楽しめればいいと思ってます。1月、2月か帰国の際には登れそうもありませんか?登れそうであれば一緒に登りましょう
エイハブ船長も難しいそうなので時間がかかりそうです。同じ1級でも身体にあったものとそうでないものの差がありすぎて・・・

Posted by: たまりっひ | January 07, 2008 at 06:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デッドエンド(1級)を完登 | Main | BPUMP2へ行ってみた »