« 御岳ボルダリング12月①(雨あがり) | Main | 瓢ボルダリング12月①(雨あがり) »

December 08, 2009

御岳ボルダリング12月②(リベンジ)

 一人で御岳へ。またもや美術館前の駐車場、ラッキー。

 まずはソフクリ。好きだなーソフクリw 6人くらい人がいてびっくり。平t日なのにこんなに人が登ってるとは。。。 7級→5級→凹角3級 をやって水際カンテ(2D)をやる。水際カンテ、うー、離陸して次の手を出すのが精一杯。何度も何度も一人で無限打ちしてたらソフクリトラバースをやってる人たちの一人に声をかけられ、なんだかセッションになったw 登れてる人がいるみたいで色々教えてもらったけど、いっこうに登れる気配なし。

 その登れてる人がモンキーポッケ(1D)をやりたいそうで、おいらも前からやりたかったから一緒に行ってみた。ポッケ2つを持ってからの処理が分からない。かなり打ったあげくの果て、左の人差し指から薬指までの3本指でポッケを激保持してたら軽く薬指を伸ばしちゃったみたいで、痛い。ちょっと打つのはやめて手を開いたり閉じたりしてたら痛いだけでなく、薬指にあんまり力が入らなくなったのが分かった。うーむ。

 で、やりたかった嶺の夕(1Q)のある日陰岩へ行った。そしたらドラマ撮影を近くでやっててスタッフ含めてたくさん人がいるのが見えた。行く途中でピンチオーバーハングの岩でJイチくんが一人でいた!一緒に嶺の夕をやらない?って誘って、マットを嶺の夕の前で広げてたら撮影スタッフから「市に許可を得て撮影してるのでここに居ないでもらえませんか?」と言われ会釈してすぐに撤収。仕方がないのでピンチオーバーハングの岩へ戻る。

 ピンチオーバーハングの岩ではファット・アタッカー(1D)をトライするがはじめの処理が分からないので諦めてファット・ブロッカー(1D)をJイチくんとやり始める。2年ぶりに触るのでよーわからんが上のカチを取ることができるところまで行った。そしたら遠くから「おーい」という声が聞こえて、みてみたら、げんちゃんとげんちゃんの同僚?のかっちゃんさん。一緒に登ることになったよ(笑)

 かっちゃんさんはピンチ・オーバーハング(1D)が狙いだったけど完登済みのブロッカーを色々教えてくれながらも登ってくれた。16時頃、Jイチくんは完登できなかったけど何かつかんだと言いながら帰宅。げんちゃんとおいらは無限打ち。何度かあり得ない落ち方しながらも完登できた。だけど上がびっしょびしょでマントルが死ぬほど怖かった。完登後も濡れてたので滑り落ちそうで怖かった…。げんちゃんも真っ暗になるまで登ってて宿題に。でも次にさくっと行けそう。明日も来て登るって、いいなぁ


↑ファット・ブロッカー(1D)を登るたまりっひ。スポットありがとうございました。ヒール位置の支持もありがとうでした!

 おいらは帰宅のため駐車場へ。げんちゃんたちも駐車場へ行ったけど、ライトを持ってきてこれからナイトクライミングだそうだ。。。くっそ寒いのにすごいなぁ〜

 写真は後日にでもアップします。。。

|

« 御岳ボルダリング12月①(雨あがり) | Main | 瓢ボルダリング12月①(雨あがり) »

クライミング:御岳」カテゴリの記事

Comments

ファット・ブロッカーをほぼ1日で完登とかやりますね~(v^ー゜)
マントルもなかなかのプリケツ動画でよろしいかとヘ(゚∀゚ヘ)

Posted by: オッス | December 08, 2009 at 10:39 PM

オッスさん>

いやーん、どへたマントルとデカケツ見ちゃいましたか~w
ブロッカーのカチがなーんか痛くて、指がまだ痛いですよー

Posted by: たまりっひ | December 08, 2009 at 11:45 PM

あー、TV見たかも。
でもドラマじゃなくて、「ちい散歩」

でも、まだ美術館の銀杏が黄色だったから、
あれも、収録だったのか。7日放送だったし。
流石に当日「撮って出し」じゃないだろうから。

うーん。

Posted by: よっすぃぃ | December 09, 2009 at 03:24 AM

Nice job dude. V grade? Also, when are you back in the Land of the Free? G

Posted by: Bling Bong | December 09, 2009 at 10:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 御岳ボルダリング12月①(雨あがり) | Main | 瓢ボルダリング12月①(雨あがり) »