« July 2010 | Main | September 2010 »

August 2010

August 30, 2010

Squamish & Vancouver Day7(Grand Wall)

Dsc_0010 8/12(金) 今日はクライミング最後の日。V6あたりを狙いたい

 何度も何度もあれですが、今朝もSmart Mouth Cafeへw スタバよりもずっと濃いカフェラテが出るのがやっぱりいい(・∀・)イイネ!! ローカルのカフェってのはいいですね~♪

 水曜に聞いたクライマー情報によるとNorth Wallはコケコケだし、課題が分散しているしってことでNorth Wallは諦めて、今日もGrand Wallへ。まずは気になっていたSit-down to Holm Boy V6****を確認しに行く。そしたらドッコイ!難しい。カンテはつるつるだし、ヒールかけにくいし。結局ムーヴを解決したけどヒールはなし。スローパーをキアイで止めていくという無理やり作戦www 2時間くらい打ちまくってやっと完登。V6、難しいなぁぁ


↑Sit-down to Holm Boy V6****

 続いて初日に触って進んだMind bender V7*****をやってみる。が!テイクオフできなくなってるーーーー!カチがヌメって持てないorz 指皮の消耗が早いので諦めました ε-(ーдー)ハァ

Dsc_0019
↑taka撮影

Dsc_0040
↑Mind bender V7*****を念入りに磨く。。。人´∀` )( ´∀`人 イーミナイジャーン♪

 ちょっと場所を移してたら他のクライマーがAny Rock'll Do V1***をやってた。ヒールを多用する課題だからtakaにはどうかなぁって思ったけど、パッドもあるし折角だしtakaにやってもらう。そしたら割とサクサクと課題を解決し、2便で登ってしまった。はやっ!ヒール苦手なんじゃないの?w

Dsc_0066
↑Any Rock'll Do V1***を登るtaka

 それからは色々課題を探しに。Minor Threat V6****、White Trash V7***、Breakfast at Tiffany's V7***、どれもダメ!(;´Д`)× ダァメ!ダァメ! どれもムズイ。スタートができなかったりとか、途中の解決ができなかったり。ムツカチ━━━(;´д`)━━━イィィ

Dsc_0081
↑Minor Threat V6****をトライ中

Dsc_0109
↑White Trash V7***をトライ中

 で、ウロウロした結果 Black Dykeエリアに戻ってきたw Foot Tease V2**がおもしろそうだったのでやってみる。意外にバランシーでよい課題だと思った。上部はスローピー。takaにもやってもらったらでけた!はじめは下部でてこずり、最後は上部でてこずり、でもうまいこと完登!

Dsc_0115
↑Foot Tease V2**を登るたまりっひ


 で、ついでにSuper Daddy Long Limbs V6****を。えっ、リーチ課題やん。。。何度かやってみたけど届かないので断念。似たラインでSloppy Poppy Traverse V5***をやってる人がいたのでセッションした。下部は簡単。もともとのV4と一緒だし。でも上部のスローパーでのトラバースと、スローパーでのマントルが苦しい。1回激落ちして怖かったけど、最後は完登できた。いやぁV5にしては難しいと思ったけど・・・。マントルも死ぬほど怖かった。身体を引き上げるスペースが足りないんだよなぁ。


↑Sloppy Poppy Traverse V5***

 ちょっと異動したところにもクラシックがあるので見に行った。Old and Serious V3*****。下部はバランシーな感じで、上部はスラブ。高い。。。面白そうなので触ってみたw でも触ったのが最後、完登したくなっちゃうんですよねorz 下部を解決するのに3便ほど。上部に入って1発で完登できた。案の定、上は高くて怖かった。吹っ飛びそうだった >┼○ バタッ これも結構いい課題でしたよ。


↑Old and Serious V3*****

 Black Mark V4ってな課題が気になってたので見に行く。そしたらOption B V2***を近くで打ってる人がいたのでクラッシュパッドを借りてあっさり完登。で、Black Mark V4****を触ることに。今まで触ったV4の中では一番簡単だったんじゃないかなぁ~。核心も軽いクロスだけ(クロスしないで飛ばして取る人もいるみたい)。あっさりすぎたんで隣のAdam's Apple V1**も。これも簡単なマントル課題だった。


↑Option B V2***


↑Black Mark V4****

 最後にどうしてもtakaに登ってもらいたかったので課題を探しに行った。Lowdown V2***がよさそうだったのでまずはコッソリ一人で登る。そしたらOSでけた。てことはtakaも可能性があるっ!ということで呼んでやってもらったらtakaもOSしちゃった!すげえ。

 ということで今日も色々打ったけどV7は到底無理そう…。もう少し時間が必要だし、指皮も必要 ( ´△`)アァ- でもV6登れたからいいかなっヽ( ´¬`)ノ って、もっと貪欲になれってね?w

 夜はまたもやSteamworks Brewing Co.!なんせ近いしビールもそれなりに豊富だし♪でも結構飲んだので酔っぱらったなぁぁ。

<たまりっひ>
Sit-down to Holm Boy V6****
x Mind bender V7*****
x Minor Threat V6****
x White Trash V7***
x Breakfast at Tiffany's V7***
Foot Tease V2** 3撃
x Super Daddy Long Limbs V6****
Sloppy Poppy Traverse V5***
Old and Serious V3***** 3撃
Option B V2*** 2撃
Black Mark V4**** 2撃
Adam's Apple V1** OS
Lowdown V2*** OS

<taka>
Any Rock'll Do V1*** 2撃
x Power Surge V2***
x Superfly V4*****
Foot Tease V2**
x Anatomy Lesson V3***
Fried Ant V0***** OS
Lowdown V2*** OS

| | Comments (1)

August 26, 2010

Squamish & Vancouver Day6(幼馴染と)

Dsc_0005 今日のメインは夕方にtakaの幼馴染に会うこと。それまでは色々やり残したことをやることに~

 まずはダラダラ起きた。やっぱり登りっぱだったので疲れて爆睡 m(* ̄~ ̄)moOO グゥグゥ で、おきたら洗濯!さすがに1週間分の服は持ってきてないので洗濯しなきゃってことでtaka洗濯。

 お昼くらいにようやく動き始めたですw ちょっとだけアウトドアショップに寄りたかったのでネットで探したところへ車で向かった。そしたらお腹が減ってきてたんで、まずは昼食。おいそうなところが見えたので「Martini's Whole Wheat Pizza」へ入ってみた。ここの売り物はWhole Wheatのピザ。ちょっと特殊な感じ。でもこいつが意外にうまいヾ(@⌒¬⌒@)ノ なんかモチモチした感じかな

Dsc_0001

 食後はアウトドアショップをウロウロしたけど掘り出し物はなかった。。。。

 その後はDomaine de Chaberton Estate Wineryってなワイナリーへ行ってきた。どうやらVancouver周辺にはあまりワイナリーはないようで、検索してもあまり引っかからなかった。ワイナリーはかなりきれいな感じ。無料のテイスティングもあるけど、無料でもらって手ぶらで帰るのもなんだし、おみやげで2本、takaの幼馴染用に1本を買っていった。

Dsc_0004

 んでDeltaに住んでいるtakaの幼馴染のところへ。閑静な住宅街だ。BBQでいっぱいお肉を焼いてもらっちゃった~。最後はiMacで我々のクライミングの動画を見たりワイワイしちゃいました~

 

|

August 23, 2010

Squamish & Vancouver Day5(Squamish Apron Boulder & Grand Wall)

Dsc_0011 8/11(水) 晴れです。やっと快晴です!

 朝はウダウダ。でもSmart Mouth Cafeには寄る!今日もカフェラテ。でも食べ物は食べきれないマフィン。相変わらずカフェラテは濃くてうまい!

 今日は別のボルダーエリアへ行ってみようと思い、ちょっと離れのApron Boulderへ。こちらのほうが壁に近いのかルートクライマーが多い。

 駐車場からすぐ近くにある岩を見に行った。が!しけっている+陰気臭いのでさっさとやめて、有名課題があるところへ歩いて行く。しかーーし、課題が高いとか難しいそうってこともあって素通りが多かったorz 結局最後に行き当たったのはThe Cutting Edge V4*****。道のすぐそこにあるのですぐに課題の所在が分かったw こいつもDVDのTop20 Classicsにある。まずはムーヴ確認。カンテ課題ですね。いざ取り付いてみると意外とちょっとバランシーで難しい感じがしたけどFlashでけた。よかった。

Dsc_0017
↑The Cutting Edge V4*****を登るたまりっひ


↑The Cutting Edge V4*****

 ついでにすぐ近くにあったtakaができそうな課題であるPeter's Face V1**をやってもらう。が、マントルで苦戦し、結局ランディングが悪いと言うこともあって断念。


 Apronにはあまり面白そうな課題がない(いや難しいからw)エリアはいつものGrand Wallへ移した。V2くらいのクラシックを探しに行脚を開始。まずはPaperboy V2*****を見に行ったら、2人ほど取り付いていた。takaが苦手なヒールフック課題じゃないか・・・。まずはおいらがやってみたけどFlash。takaもできるのではないかと思ったけどやっぱりヒールがかけられないみたいで断念orz


↑Paperboy V2*****


 じゃ続いてHulkster's Humpfest V2*****。takaが見て、こいつはできそうってことなのでtakaに取り付いてもらうことに。そしたら下部はすぐに抜けたけどマントルが実は核心。手に足マッチくらいの高さまで足を上げないといけないので怖い。でも無事に完登!Σ(o゚д゚oノ)ノ凄ッ! おいらも続いて・・・。足上げが怖かったんだけど、というか足はもはや手より上にまで上げてマントル返したっちゃorz 結構怖かったですよ。


↑Hulkster's Humpfest V2***** by たまりっひ


↑Hulkster's Humpfest V2***** by taka

 トレイル間違って大変なところまで行ったけど、迷った先にはLukeがw 彼も色々迷ったみたいで一緒に課題探しに行ってくれると言うことになった。というか、一人で打っててもマットひとつじゃ怖いってさ。まずはHeartbreak Hotel V2*****に案内してくれた。Lukeは完登済み。しかし、これもまたヒール課題か…。Squamishはtaka killerですな >┼○ バタッ 簡単な課題ですらヒールフックがメインだったりするからなぁ。
 しょうがないですが、おいらがHeartbreak Hotel V2*****を。ヒールばっかりだったけどそんなに難しくない。ちょっとリーチがあって大変そうだけど面白い課題ではあったと思う。

Dsc_0022
↑The Weasel V8 の周辺に群がるクライマー。Squamishでの初登者もいた

Dsc_0026
↑どうしてもV7クラスを落としたいルーク


↑Heartbreak Hotel V2*****

Dsc_0033
↑Heartbreak Hotel V2*****を登るたまりっひ


 ちかくにあるTrad Killer V4*****も見てみる。ってみる。これもヒールですよ、ヒール!Lukeとは違う足でヒールして3便くらいで完登。カチカチかと思ったけど意外にガバカチ。そんなに難しくないと思えました。


↑Trad Killer V4*****

 最後に近くのCorrupted岩へ。Pocket Problem V4****をまずはLukeとやる。二人とも3便ほどで完登。登り方は全然違う。Atlas V4***もやる。Flashできたのでそんなに難しくないかと思ったのでtakaにやってもらうことに。でもリーチでちょっと難しいみたい。でもやってれば絶対にできる課題だな。ちょっと勢いがないだけだと思った。


↑Pocket Problem V4****

Dsc_0038
↑Pocket Problem V4****を登るルーク。やっぱりV4くらいは簡単に登っちゃう


↑Atlas V4***


 夜はまたもや地ビールを出している「Yaletown Brewing Co.」へ。場所がいいところなのか、マンハッタンで言えばソーホーちっくなところなのか、レストランもおしゃれだった。和食っぽいものがあったりして面白い。他の人の頼んでいるものを見たら、枝豆、ちくわ天、巻き寿司とかあったりした。我々も折角なので手巻き寿司を頼んだ。来たものはちょっと個性があるもので、日本ではありえないんだけどアメリカのマヨネーズとわさびを混ぜたソースに巻き寿司の天ぷらが添えられていた。意外とうまかったですよ!
 いつもながらパイントを3本ずつ飲んでしまったので夜もあっさりと寝れましたzzz 

Dsc_0045
↑Yaletown Brewing Co.の入り口

Dsc_0050
↑ビールたち

Dsc_0052
↑右にあるのが変わった寿司。意外にうまかったですよん


<たまりっひ>
The Cutting Edge V4***** FL
Paperboy V2*****
Hulkster's Humpfest V2***** FL
Heartbreak Hotel V2***** FL
Trad Killer V4*****
Pocket Problem V4****
Atlas V4***

<taka>
x Peter's Face V1**
x Paperboy V2*****
Hulkster's Humpfest V2*****

| | Comments (0)

August 20, 2010

Squamish & Vancouver Day4(Squamish Grand Wall)

Dsc_0093 8/10(火) Vancouverは少し曇り。でも晴れ間が見えていて気持ちが良い。Smart Mouth Cafeのカフェラテが非常にうまかったこともあったのでもう一度直行。平日だったので車が多くなってたし、通勤者が多い。駐車もちょっと困ったけど9時まではただの路駐♪ おいらは食いきれなくて昼食にもなるマフィン、takaも食いきれないサンドイッチを買ってった。

 VancouverからSquamishまで走っていると晴れ間も多く、更に良い天気になってきた。今日は早めの到着なので結露で滑っている雰囲気もあるけど、昨日視察したThe Fuzz。クライミングシューズを履いてムーヴを分解。上部okそう。下部は水壁まで抜けるパートが難しい。かなりの便数を打って下部で寄せるところが慣れてきたところで完登できた。実は繋げて上部で一回落ちてしまってかなりショッキングだったけど、無事に登れた。北米ではじめてのV7が登れてうれしかった。。。けど、クライムダウンで苦戦orz ものすごい時間かかってなんとか帰還www

Dsc_0087
↑最後のヒールで落ちたりもしてショッキングだったなぁ。The Fuzz V7*****です


↑The Fuzz V7*****

Dsc_0096
↑苔がもっさり!!!

 指皮をかなりもってかれたんでおいらはレスト気味。Titanicエリアへ直行。takaが登れる課題を探しにウロウロと。Titanicエリアは割りと開放的な場所だったので、ちょこちょこと打てそうなのがあった。takaはTwister V1***を2撃、Tumblewood V2***を3撃。さくさくと登っていく。おいらも登るモチベーションが出てきたのでTitanic V3*****、Depth Charge V6***、The Mantis V4****を触るがやっぱり指皮はgoneだったので登れず。

Dsc_0123
↑Twister V1***を登るtaka


 周辺にあるAnubis V7****もトライするがダメ。ムズい。YouTube見てたら登れそうだったんだけどありえない感じだった。そんな中でtakaはShade Dyke V0***をOS、Made in the Shade V1***を2撃で登る。
 おいらは煮えきれないので有名課題のIt's about Time V5*****もやるがカンテでの処理が難しくて断念。これ面白いわ~。登りたい課題だったorz(後でLukeに聞いたら彼も超強いMichelleも登れなかったそうな。)

 エリアを少し移動してBlack Dykeエリアへ。takaにBobo Jones V3****をやってもらうために行ったがヒールフックでカンテを登っていく課題で、苦手系だったので断念。これは結構パンピーな課題だと思った。おいらもやればよかった>┼○ バタッ 
 隣のViperエリアでもう少し課題探し。American Gigolo V3*****を発見。新しいトポでクラシックに昇格していたので折角なので触ってみる。takaが先陣切って分析開始。スタートが核心ぽい。あとはリップ近くのカチを取るところもちょっとテクイかな。でもでもtakaは無事に完登。Squamish再考グレード更新したっちゃ。おいらも完登したけど、やっぱり1手目が核心かなぁと。


↑American Gigolo V3*****

 Viperエリアをちょっと過ぎたところのエリアに行った。takaの登れるものを探そうと思ってたらTim's Sloper Problem V5*****を発見。なんだか登れそうな気がしたので触ってみるとこいつはマントル核心。下はスローパーばっかでそんなに難しくないけどマントルは尋常じゃない。というか足上げが問題?w 足が開かないのが問題?w でも何とか無理やり完登。スポットなしで本当に怖かった >┼○ バタッ 
 ちょっと隣にあるSesami Street V9****も見た。これも1日くらいあれば登れそうな感じがしたけど、やっぱり短期の遠征なので色んな課題を打ちたかったのでちょっと触って諦めました。次行くことがあったら打ち込みたい。


↑Tim's Sloper Problem V5*****

Dsc_0164
↑Tim's Sloper Problem V5*****を登るたまりっひ

Dsc_0172
↑やっと快晴~♪


 夜はtakaの幼馴染と夕食。初代のCamaroでつれってくれました!

P1020644
↑takaの友人の旦那のカー。1967年のカマロだってさ~ すごいぜ


んで、成果はというと・・・

<たまりっひ>
The Fuzz V7*****
x Titanic V3*****
x Depth Charge V6***
x The Mantis V4****
x Anubis V7****
x It's about Time V5*****
American Gigolo V3*****
Tim's Sloper Problem V5*****
x Sesami Street V9****

<taka>
Twister V1*** 2撃
Tumblewood V2*** 3撃
Shade Dyke V0*** OS
Made in the Shade V1*** 2撃
x Bobo Jones V3****
American Gigolo V3*****

| | Comments (4)

August 19, 2010

Squamish & Vancouver Day3(SquamishとWhistler)

Dsc_0024 8/9(月) この日もVancouverは雨。まぁまたSquamishは晴れてるでしょぉ、と思って気楽にもSquamish行きの準備をする。

 前日開いていなかったMaple Delight Cafeへ寄った。
 店内は結構空いている。恐らくちょっと高めだからということだと思う。Smart Mouthのほうが安いし、普通の飲み物を頼むのであればあそこでokだと思うし。メイプルラテを買って飲むがこれがかなり甘い。でも前日のクライミングの疲れが癒される。
 他に買ったのはメイプルマフィン。こいつも甘い。ダブルの甘さで結構シンドイorz でもキアイで食したよ
 でも、メイプル好きにはたまらない店だと思いましたよ~

Dsc_0013
↑メイプルラテとメイプルマフィン


 んでもって Squamishへ車を走らせたのだが、雨はやみ、曇りが続く。10時を過ぎていたのでClimb Onというクライミングショップに寄ろうと思ったら、豪雨orz どーーーーーーーーと雨が降ってきた(ノ_-;)ハア… まぁしょうがないので Climb Onで買い物を。まずはロック鳥さんから依頼があったCobraをチェック。何と2足しかないしサイズなしということで即効断念。で、おいらたちは物色開始。いろんなシューズを試して結局takaがKatana Lace、おいらがW's Miuraを購入。価格はまぁまぁ安いかなぁというところ。どちらもカナダ$で168。そのほかにも色々買ったったw
 あっ!!それよりもなによりも、新しいカラーのトポがあった。ウッチーも持ってたんでこいつも仕方なしに買った。$40くらいだったけど、今思えば買ってよかったと思う。

Dsc_0016
↑Climb On 特に変わったことはなしw


 結局雨はやんだものの地面は濡れているのでSquamishの先にあるWhistlerへ行った。Squamishからドライブで更に45分、軽い山道を走る。 Whistlerはオリンピックで使ったこともあってかなりきれいな町だった。折角来たんだけど、山は曇りでほとんど見えないorz これまたしょーがないのでWhistlerのショッピングモールをうろつく。大して欲しいものも無かったので昼食をとった。Wild Mushroomのピザ。きのこたちが香ばしくてうまかったな~
 トップの写真はWhistlerのモールの雰囲気。

Dsc_0018
↑Whistlerの駐車場。和食レストランもあったで

Dsc_0032
↑でも我々はピザ&サラダ♪


 そんなこんなでWhistlerを後にしてSquamishに戻る。夕方近くになっていたがSquamishは乾いていた。駐車場に行ってみたらうっちーがいたw 名前をまた忘れちゃったからまた教えた、もう何回教えたか・・・www 少し乾燥してきたからこれから登るってさ。おいらは気になっていたThe Fuzz V7を見に行った(クラッシュパッドなしでねw)。トポには地図が載っていないので言葉に書いてある通りに行ったらちゃんとたどり着けた。小川沿いで少し湿気てる場所だった。きっといつも滑ってるんだろうなぁ。
 課題を触ってみたら何かできそうな気がした。極端にリーチがあるわけでもないし。ちょっとスローパーピンチ系が多いから保持力系かなと。ということで撤収。

Dsc_0036
↑遠目から見るSquamishの壁。でかいので高速からもScenic Viewとされている


 夜はSteamworks Brewing Co.へ。ここでも地ビールが飲める。結構混んでたけどすぐに入れた。けどオーダーとビールが出るまで時間がかかった…。食事はうまかった。スペアリブ、カニとほうれん草とチーズのディッピング。うまかったけどカロリーはPrice Less。
 早寝早起きのため、早めの就寝zzz

Dsc_0052
↑Vancouver Tower。上の階ではフロアの回転する展望レストランがあるそうなw

Dsc_0056
↑Steamworks Brewing Co.。ホテルから徒歩の距離でさくっと飲めるからいい♪

Dsc_0059
↑店内は少しガヤガヤしている感じだが、飲んだりするにはいい~

Dsc_0064
↑飲みながら新しいトポを研究"φ(・ェ・o)~

Dsc_0067
↑好物のスペアリブだぜ~。隣の客にも「おいしいか!?」って聞かれたw そりゃぁうまいぜ

Dsc_0071
↑カロリープライスレス!ディップイン (゚Д゚)ウボァー


以上、食ったり食ったり食ったりの日でしたw

| | Comments (0)

August 18, 2010

Squamish & Vancouver Day2(Squamish-Grand Wall)

Dsc_3239 8/8(日) クライミング初日。だがVancouverはまだ小雨。天気が非常に怪しい。。。1時間弱の距離なので雨が降っているのではないかと不安だ。だがとりあえずはSquamishを見学したかったので行ってみることに。

 とりあえず朝食のために、Maple Delightというカフェへ行ってみた。しかし週末ということもあってまだやってなかった。。。もうひとつの候補だったSmart Mouth Cafeへ行ってみた。そしたら開いてた(= ̄▽ ̄=) オーダーしたのはカフェラテ。それ以外にも朝食用のスコーンと、昼食用のサンドイッチ。カフェラテはハートマークと葉っぱマークを付けてくれるところだったみたいで芸が美しかった。マフィンは北米っぽい感じで甘くてフワフワ。

Dsc_3173

 車を走らせて、VancouverからSquamishまで行く。有名なLion's Gate Bridgeを通り、あとは99号を一直線。非常に簡単な道だがクネクネしてて少し神経を使うw どうやら天気はVancouverと違って少し良いみたいで、晴れ間も少し見えていた♪
 99号を走っていたら明らかに何ピッチもありそうな岩が見え、そのふもとに駐車場があるのが分かった。トポどおりだった。でも通り過ぎて、飲み物を買い忘れていたのでSquamish市内にあるスーパーに寄る。Vitamin WaterとRed Bull(takaは赤色のジュースだと思ってたけど実は黄色w)を買って、いざ駐車場へ。

 駐車場ではクライマーらしき人たちがチラホラ。明らかにクラッシュパッドが車に積まれているのが分かる。われわれはクラッシュパッドの片方のスポンジをゴミ袋とプラスティックバッグに詰めていたので、それをきちんとクラッシュパッドにセットして森に出陣。森はうっそうとしていて、小川山より少し木が多い感じ。コケは明らかにもっと多いですねwww もっさり生えてました

Dsc_3177
↑99号沿いの駐車場。上に見えるのはルートの壁


 まずは有名そうなBlack Dykeエリアへ。岩はわりと乾いているが岩の上部は濡れているのが分かった。でもせっかくなので有名課題で気になっていたSloppy Poppy V4*****をやってみる。下部は簡単だが上部は濡れてて、マントルはとてもじゃないけど無理orz 4便ほど打って明らかにマントルを返せないのが分かったのでやめて、他の課題を見ることにした。そしたら現地の人ぽいクライマーがいたので話しかけたらViper V5が近くにあるって言って、もしやるなら一緒にやるよって言ってくれた。
 Viper V5*****は超有名な課題。ローカルクライマーだと思ってた彼は話をしていたら同じカナダでも東のNova Scotiaから来たらしくてLukeって名のようだ。170cm後半くらいあって、クライミングはとても丁寧。彼と一緒にViperを打つことになって、 Lukeが登りはじめた。そしたらLukeがシューズに何か入ってるぞ!?と言ってシューズを脱いだらビール瓶の蓋が入っていた。アリエネー!!でも面白いw とりあえずLukeがあれやこれややってたら完登。すごいぜ、Luke。おいらはもうちょっと打ってたら登れた。左手のクロスのワイドピンチが核心。面白いし美しい課題だった。


↑Viper V5*****

 Lukeとは分かれてSquamish Days Traverse V2***をtakaにやってもらうことに。どこかのYouTubeにあったのでもしかしたら?と思って寄った。そしたら割とお買い得そう。でもスタートが難しそう。何度かのトライでスタートをtakaが解決しすぐさま完登。あとついでにSquamish Days V0****も完登。

Dsc_3215
↑Squamish Days Traverse V2***を登るtaka

Dsc_3223
↑途中でこんな彫り物があった。よーくみるとちょっとキモイw


 お次は別のエリアのSuperfly V4を見に行く。道のりはちょっと迷ったが、実は道が分かっていれば簡単にたどり着ける…。Superfly V4*****には2名クライミングしていた。一人は妊婦さんだったけど、別のVariationでSuperflyを完登した。妊婦だけどいいのか?w おいらはもちろん初めて登るのでちょっとムーヴに悩む。両手でフレークを持ち、左手をクロス気味なスローピーなカチへ持って行き、右手を良いガストンまで飛ばして上げていく。後はハイステップでガバを拾ったりしてマントル。面白かった。でも、さすがスーパークラシックなだけあってホールドがツルツル。


↑Superfly V4*****

 すぐ裏でBaba Hari Dass V7****をやっている団体がいたので混ぜてもらう。これはDVDのTop20 Classicにも出てる課題だ。取り付いてみるとスタートからバランシーなカンテ、というかおいらは超苦手であるorz 何とか上部まで状態を持っていけたが、あまりのぬめりさで落下。こいつぁー無理ぽだ。。。あきらめました

Dsc_3228
↑Superfly、Baba Hari Dass、The Eggがある有名な岩。人がたくさん集まる場所だ。目印でもある

Dsc_3231
↑Baba Hari Dass V7****をトライするたまりっひ


 お隣のエリアに移った。ここにも超有名なEasy in an Easy Chair V4*****がある。カンテとヒールフック課題。うーん得意系か微妙だがやってみると一撃ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ ちょっと落ちそうで怪しかったけど。。。そんでもって近くにあるCentre Slab V3 ***をtakaとやってみる。takaがはじめに取り付いて試行錯誤したんだけど、結局スタートも満足に切れなくて断念。なんだったんだ?orz


↑Easy in an Easy Chair V4*****

Dsc_3252
↑スラブの岩質の雰囲気。結構ツルツル~


 ちょっと奥に進んで、Gold Boy V7を見に行くことに。そしたらどこかで見たことのある人が!小川山でよくサブウェイをアップで往復しているウッチーだった(われわれの愛称ですみませんw)。声をかけたら驚いてたが、もちろんわれわれの名前なんて知らないし、でもわれわれはよー知ってるwww とにかく驚いた。
 彼は、午後から登り始めたそうなんだが、Mind bender V7*****を一日中やっていたそうなw おいらもやってみるが、微妙な角度のカチがもてなくてスタートすら切れなかったorz でも何度かやっていたらスタートができるようになった。でも次のスローパーでの保持と微妙なスローパーへのデッドが耐えられなくて完登できず。そんな中、更に下のほうからスタートするV9バージョンをやっている女性がいた。彼女はもうすぐ完登できそうだが、おいらと同じスローパーへのデッドで耐えきれず、完登ならず。でももうすぐ登れそう!
 その彼女が一緒にGolden Boy V7****をやってくれるとのこと。というのも課題は少しリーチが必要で、彼女はそんなに背が高くないのでムーヴを一緒に解決してくれるとのこと。何度かやるがやっぱりリーチが必要なところで落ちてしまう(-_-;ウーン 結局こいつも諦めε= (´∞` ) ハァー

Dsc_3259
↑ウッチー発見!

Dsc_3262
↑うっそうとする木たち

Dsc_3294
↑わんちゃんたちが一杯いましたよ!


 だんだん暗くなってきた(?)ので戻る方向へ。takaがあまり打てていないのでLargonian Bulge V2****を。ちょっとリーチ課題かな?と思ったけど有名なのでtakaは頑張って打ち込む。なぜか「最後のトライにするねっ」って言った直後に完登。しっかり足も決まってたしちゃんと完登できてましたd(>_・ )グッ!

 もっと暗くなってきたけど、乾燥しているので朝に断念したSloppy Poppy V4*****を打ってみることに。うっちーも参戦w そしたら一発目でできた。上部は乾いているのにひどいスローパーなレールだった。でもローカルの人いわく、右手はスローパーレール、左足ヒールフックorトゥーしながら左手をサイドプルに持ってくるのがいいらしい。なんとなく小川山の忘却の果てにある2級課題にも似ているが、難易度的にはあの2級よりも難しいと思う。


↑Sloppy Poppy V4*****

 ということで、Squamishの課題は難しい感じがした。課題にもよるのかもしれないが・・・少なくともCastle Hillよりははるかに難しい。また花崗岩ということもあるので小川山に似ていると思いきや、粗さは小川山以上で、どちらかというと北山公園くらいなのかな(王子ヶ岳ほど粗くはない)。かぶっている課題も多いので、バリエーションとしては瓢っぽい。

 Vancouverに戻った。雨はやんでいた。夕食はOld Spaghetti Factoryへ。takaが昔住んでいたときに両親にご褒美などで連れてってもらったところだそうで、店内には実際に使われていたトローリーカーがあったり、それ以外にもアンティークものがたくさん飾られていた。人気のようで20分ほど待った。食事はおいしかったですよ!

Dsc_3307
↑ビヤーとパン。これだけでも結構おなかが膨れてくるんですが

Dsc_3315
↑Very spicy chicken wings。その名の通り激辛だったよおおおお

Dsc_3319
↑頼んだのはサラダとラザニア

Dsc_3327
↑アンティークの装飾

Dsc_3338
↑Gas Townの夜景。珍しくきれいに写った♪


この日の成果は下記。難しかったなぁぁぁ

<たまりっひ>
Viper V5*****
Superfly V4*****
x Baba Hari Dass V7****
Easy in an Easy Chair V4***** FL
x Centre Slab V3***
x Mind bender V7*****
x Golden Boy V7****
Largonian Bulge V2****
Sloppy Poppy V4*****

<taka>
Squamish Days Traverse V2***
Squamish Days V0****
Largonian Bulge V2****


※写真はtakaとたまりっひによるものです

| | Comments (0)

August 16, 2010

Squamish & Vancouver Day1(Vancouver市内)

Dsc_3057 8/7(土)のAir Canadaの夕方便でVancouverへ向かうため成田空港へ。
 空港ではtakaの友人に会うという目的もあるので成田空港では最後のお土産をtakaが探していた。そういえば空港では会社の人にあったっけかなw それ以外はラウンジで飲んだりしてくつろいでた。
 お盆ということもあって満席。というかこんな時期に修学旅行なんて入れないでほしいですね。。。学生さんがたくさんいました。

 飛行機では映画を2つ見ちゃいました。一つはデカプリオが出ていた推理映画とAlice in the Wonderland。フライトは8時間ほどとNYと比べるとスゴい短くてあっという間に到着した。

 Vancouver空港はというと、、、、土砂降りorz。かなり大雨でした。換金をして、事前に借りていたHertzでのレンタカーをゲット。今回はNissan Sentra。クラッシュパッドx2はトランクに、スーツケースは後部座席に。十分足りるスペースだった。

Dsc_3065
↑別にクラッシュパッド背負って換金しなくてもいいよtaka


 まずはthanks to 福利厚生で、決して良いホテルではないけどDays in Vancouver Downtownへ直行し、チェックイン。部屋でグータラしてるのもなんなので、バスを使ってGranville Islandへ行って買い物などすることに。バスは現金では$2.50/人。小銭じゃないといけないのがミソw アメリカと違って2ドルまで小銭があるので小銭集めはそんなに苦労しない。

Dsc_3071
↑雨なGranville Island

 ちょっと降り口間違ったけど無事にGranville Islandに到着。目的は地ビールw 早速Granville Island Brewingへwww のんべですみません。海外行くって言ったらこれも重要な楽しみの一つなんでね(*゚.゚)(*。。)(*゚.゚)(*。。)ウンウン というかここは5時で閉まっちゃうんですよ。
 まずはテイスティングセットがあるというのでテイスティングセットを2つ頼んで楽しみました。目当てはMaple Lagerだったんだけど、実際は他のAleとかの方がおいしかったかな〜。食事は大したのがないんでチップスでも食べました。
  あとGranville Islandではお店を見たりして楽しんだだけです。雨降ってるし寒かったなぁぁぁ
Dsc_3095
↑ほら、5時まででしょ。。。

Dsc_3076
↑6種類のテイスティング

Dsc_3101
↑うちのシロさんはそーでもないおw

Dsc_3108
↑昔からあった市場の写真

Dsc_3113
↑色んなフルーツがあったよー

 バスでGranville Islandを出て、Downtownへ戻る。Downtownでは夕食までの時間はショッピング。お目当てはお土産(メープリシロップとスモークサーモン)。それよりも雨と寒さで結構辛かった。。。

Dsc_3121
↑チョコレート屋さん

Dsc_3123
↑もっとリアルにチョコレートw すごいデコレーション。一人じゃ食えないよorz

Dsc_3130
↑ここでかなりお土産を買ったです


 夕食はJoe Fortesというオイスターバーへ。もちろん頼んだのは生ガキ!小振りの方が高くて、大きい方が安い。変な感じ。小振りは臭みがなくて甘い感じで、大きい方は普段生ガキを食べるのと同じような味でした。大きい方が実は好きかなぁ〜。それなりに飲んで、飛行機疲れもあって、ホテルに戻って速攻寝ちゃいました >┼○ バタッ

Dsc_3142
↑ピンぼけですみませんがカキです

| | Comments (0)

Back from Squamish

Dsc_0011カナダから戻ってまいりました。いやぁーーー日本は暑いε-(´o`;A

まずは簡単にレポートをしたいと思います (o*。_。)oペコッ


<天候>
 前半は雨が降ったりでクライミングができなかったり、岩が濡れていたりと少し不具合がありました。どうやらVancouver周辺は30日間も雨が降らなかったようで、山火事がひどく、現地の人たちは逆に喜んでました。
 気温は涼しくて、Vancouver、Squamishともに同じくらいの気温で小川山くらいでした(最高気温23~27℃)。ちょっと湿度は高い感じがしました。それでも小川山くらいなんでしょうかね。


<クライミング>
今回は北米グレード更新できました。V7が1本。

V7 x 1本(The Fuzz)
V6 x 1本(Sit-down to Holm Boy)
V5 x 3本(Viper、Tim's Sloper Problem、Sloppy Poppy Traverse)
V4~V0 x 結構たくさん

takaも5つ星のV3をひとつ登った。結構すごいと思う。V4以上はリーチや高さが備わってくるので難しいようでした。

全体的にCastle Hillよりも難しいと思いました。でも北米グレードとしては適正かなぁ、と。V5は1Q-~1Qくらい、V6は1Q+、V7は1Dくらい、かな。V7クラスになってくるとリーチやパワーが格段に必要になってきて、そう簡単には落とさせてくれない。花崗岩だから打てば打つほど指皮が消耗し、次の課題が登れなくなってしまいます。。。それなりに暑くて湿度もあったので、汗で指皮がふやけては皮がボロボロと取れてしまい、指皮には本当に悩まされました。おいらのレベルだとやっぱり初段を登るならそれなりに根気入れないと登れませんorz

9月以降の秋~冬が本当はいいんだろうなぁと思いました。とにかくフリクションが重要orz


<宿泊関係>
会社の福利厚生を使ってホテルを取ったのでVancouver市内で泊まりました。Squamishとの距離は1時間弱。
でも、Squamish周辺にもホテルがいっぱいあるので普通はそちらでも良いと思います。スーパーもレストランもそれなりにそろっていましたし。Squamishのキャンプ場もきちんと区分けされてたり、炊事場があったりして快適そうでした。シャワーはないみたい。


では詳細はまた~。

| | Comments (0)

August 01, 2010

小川山ルート8月①(マラ岩周辺)

Dsc_2917 土曜は用事が色々あって、土曜の夕方に小川山方面へ。いつもの南清里で就寝を、、、と思ったら、超暑い。車の窓を開けてたら今度は車の出入りでうるさくて寝れない。結局、何度か起きたけど何とか寝れた。takaはほとんど寝れなかったそうな・・・。

 日曜は早朝で小川山へ出陣。またもやOrange Bus夫妻と一緒に登らせてもらうことに。今日はマラ岩(裏のほうですかね)を攻めることに。例の川をわたって、ストレインジ・デイズや時間岩を通り越してヒタスラ上を目指す。久しぶりにマラ岩に到着(前は見ただけだけど…)。

 我々が今回行くのはマラ岩だけどスラブじゃなくて水壁。マラ岩の裏って水壁なんだ~と少し驚き。汗だくだったのでTシャツ脱いで少し身体を落ち着かせたところでOrange Busさんが、まずはレギュラー 5.10c ★★をマスターオンサイトがんばって下さい、ということで早速取り付いてみる。課題は水壁でカチやらガバカチやらで少し苦手そう。ピン数も8以上あってランナウトも結構あるorz でもひたすら登った。そしたら最後の最後のスラブでドッパマリしたけど、何とか完登 C=(^◇^ ; ホッ! 疲れた…

Dsc_2927
↑レギュラー 5.10c ★★を登るたまりっひ

Dsc_2939
↑どんどこ登るたまりっひ

 続いてはOrange Bus夫人がイレギュラー 5.10d ★★をマスターでトライしてた。核心部分でスタックして落ちちゃった。おいらも核心部分の解決をしてもらったのでそれを参考にフラッシュトライ。そしたら核心は何とか切り抜けることができて、上部で迷いながらも完登ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

Dsc_2986
↑イレギュラー 5.10d ★★を登るOrange Bus夫人

Dsc_2998
↑イレギュラー 5.10d ★★を登るたまりっひ

Dsc_2987
↑takaがアサギマダラを激写!すげーーきれいだったです


 今度はマラ岩よりも上に。そこにあるセンター試験 5.8でtakaがマスターOSトライ。スラブで難しかったみたいで悲鳴あげながらも完登。

Dsc_3018
↑センター試験 5.8をオンサイトするtaka

 Orange Bus先生には卒業試験 5.10b ★をマスターしてもらって、takaにTR。途中の横クラックを抜けたところで敗退しちゃったけど、難しい核心は抜けてたと思う。おいらは回収もあるのでリードしてきました。フラッシュで完登し、回収も無事終了 C=(^◇^ ; ホッ! ちょっとずつ一人前になってきたかな^^;

Dsc_3044
↑卒業試験 5.10b ★をTR中のtaka

 またマラ岩に戻って、川上小唄 5.8 ★★をやる。スタートが簡単なボルダーで楽しいが、中部はスラブが入って嫌だ。上はランナウトが長いけどガバスラブ。おもしろい。完登して降りてきたら雨がポツリポツリと。なんだかヤバイ雰囲気。takaにTRしてもらおうと思って降りてきたけど、雨がもっとヤバイことになってきたので、おいらがTRで回収しに行った。結構ぬれてて怖かったぞ!orz
 
 なんだかんだ、少しずつルートも登れるようになってきたと思う。足の動かし方も少しよくなってきた気がする。でも依然として高さが怖くて、腕が伸びなかったり、まだまだですね。しかし写真、キモイな…orz おいらもそろそろ5.12台を目指そうかな。怖いなぁorz
 
 
<今回の成果>
レギュラー 5.10c ★★ ⇒ Master OS
イレギュラー 5.10d ★★ ⇒ Flash
卒業試験 5.10b ★ ⇒ Flash
川上小唄 5.8 ★★ ⇒ Master OSと、TRで回収もw

| | Comments (1)

« July 2010 | Main | September 2010 »