クライミング:コンペ

June 27, 2011

UBC at New York City

P1010513 I've been to NYC to see Unified Bouldering Championship or UBC. There were 2 walls with total of 6 problems in the center of Central Park. I guess there were 5 men and 5 women to be in the finals. Sasha was there climbing strong, one of M's fan:)
Anyway, it was very exciting to see. I was able to meet with S who we climbed together at Hueco Tanks. I am happy to see him back in states!

 土曜はマンハッタンはセントラルパークにてUBCというクライミングコンペのファイルなるがあり、それを観に行きました。壁は2つ、結構高さがありました。課題は全部で6つで、男女3ずつ。男性5人、女性が5人がファイナルに入ってた。試合形式はFlash形式(?) 2分間みんなで課題を研究し、スタートホールドは触ってok。それからは他の人が登っているのは観てはいけないという形式で、5分以内に完登しなくてはいけなくて、進んだホールド分がポイントになっていく。

Dsc_0043
↑1課題目

Dsc_0059
↑2と3課題目

 昔、コンペに出てるのを見たことがあったSashaも出てた。それしか知ってる名前の人はいなかったorz とにかく男性の課題は難しそうだったよぉぉぉ!でも完登した瞬間はものすごい歓声で迫力があって楽しかった。

 シロさんも始めてのセントラルパークw いろんな犬が居たからなのかかなりびびってましたw

 セントラルパーク、ものすごい人!

Dsc_0077

| | Comments (0)

November 25, 2010

友希杯

P1030081 こんにちは。もっばらリードに転職かと思われているたまりっひです。リードでもいっぱい目標ができてしまったので最近は80%くらいリードに時間を費やしています。

 11/23(火)は友希杯に参加してきました。リードでのコンペは初めてです。まぁローカルなコンペですけどねw 

 ビギナーは10c~11b、ミドルは11c~12a、マスターは12b~ということで、takaもおいらもお互い背伸びして、takaがビギナー、おいらがミドルで参加しました。

 他の参加者はP2でいつも見ている人が大半で、アットホームな感じ。でも、む、ビギナーにはおいらと同じくらいの強さの人が何人かいるよw 

<予選>
 予選は2本でフラッシュ形式。セッターは友希さん。はじめに友希先生が全てデモしてくれた。連登したんで最後のマスターは落ちちゃったけど、すばらしい登りだった。登る順番は事前に抽選されていたランダム(?)な順番。運悪くもtakaはビギナーで一番目、おいらはミドルで3番目。

P1030082

P1030094

 まずは本当に第一番手であるtaka。序盤もどかしい感じ、中盤リーチが大変そう、核心部分はサクサクと。無事に完登。1番手だったし、良い見本だったみたいでみんなからは大歓声!いやぁよかった

 待つこと1時間くらいかな、やっとこおいらのミドル1本目の順番が来た。白○さんが先に登っていたのを見たので、ありがたく参考にして登る。無事に完登。11bくらいなグレードだった。


↑ミドル予選1

 続いてtakaのビギナー2本目。またもや同じ順番なので1番手。ちょっとディスアドバンテージ。ルートはさっきおいらが登ったルートなので11bくらい。ちょっとリーチが気になるところ。でも、結構上のほうまで行けてて、垂壁部分は安定して登れてる。でも中盤から最後にかけてのガバ取りがリーチ足らずで落ちちゃった。でも11bだし、いいところまで行けてると思った。

P1030115
↑登り始めるtaka

 おいらの2本目が到来。マスターの1本目と一緒のルート。マスターの人たちも全員完登できていないという状況なので登れるか不安なところ。順番も同じなので3番手。緊張の中、登る。序盤のホールドも決して良いホールドじゃないのでパワー吸われる。中盤はちょっとデッドがあったりするので、またもやパワーをとられる。終盤はルーフで核心なので、その前に大レストを入れるが、ホールドも最高に良いホールドではなく、ピンチとそれなりのガバ。で、核心部分のルーフ。最後の最後でおいら、落ちちゃいました。足の動かし方が甘すぎました。。。もう少し頭使おうよーーーー!グレードは11dくらいかと。


↑ミドル予選2

 予選結果ですが、takaは真ん中くらい。すごい。おいらは4位で決勝に入れた。ミドルのトップ3人は全部完登なのでレベル差がありそう。

P1030124
↑加○くんもマスター課題全部完登してました。見直したぜ!


<決勝>

 決勝ルートは伸介さんが作ったそうな。決勝は5分間だけオブザベ可能で、登る人はオンサイトなので他に登っている人を見てはいけない。

 ミドルのはマスターの途中までだが難しそう。奥壁からTSUNAMIに動いていくという、普段にはないルート。この移動するムーヴでパワーが吸われそう。


↑決勝

 順位の順番なのでおいらは2番手。奥壁の部分は体感で11bくらい。TSUNAMIに移動してから少し難しくなるので全部で11dくらい。結局最後のホールド2つ分とれなくて落ちました。。。o┤*´Д`*├o アァー おいらは11dがオンサイトできないくらいなんだなぁ~と実感。他の人たちはやっぱり強いな。12bくらいはオンサイトしちゃうんだろうな。

 結局、順位も4位。満足しました。でも、まだまだ強くならないといけないなぁと思った。何だろう、もっとスタミナだけじゃなくて、余力を残せるような登りかたに変えないといけないんですかね。

 決勝が終わったところで、ビギナーの決勝課題もやってみた。トラバース気味で斜めにあがっていく課題。みんなペロりと落ちてた核心部分が気になる。登ってみると下部は難しくない。核心部分は強烈な振られで危うかった。上部も結構むずい。11cあるかな~、ないかな~という感じのグレード感でした。

 また機会があったら出てみたいです。スタッフの皆さん、お疲れ様でした~

P1030144
↑友希先生もマスター課題をあっさり完登。かっちょええ


takaの動画も!

↑ビギナー予選1


↑ビギナー予選2

| | Comments (2)

May 23, 2009

5.10 CUP 決勝課題動画

1課題目と2課題目はオンサイト。3課題目はド敗退w


↑決勝課題1


↑決勝課題2


↑決勝課題3

| | Comments (2)

5.10 CUP 予選課題動画

当日は全部takaに撮ってもらいました。いつも撮ってくれてありがとう♪
2課題目以外はオンサイト。2課題目はボーナスポイント取れたけど、カンテ使えるの知ってたら登れてたかも…


↑予選課題1


↑予選課題2


予選課題3


↑予選課題4

| | Comments (0)

May 16, 2009

5.10 CUP Result

Dsc_3419 当日も左小指は痛いまま+寝不足は引きずったままでのコンペ。8時前に家を出るが環八で渋滞にはまり9時過ぎに到着。

 9時から既に受付をしていて、僕もtakaもエントリーする。Tシャツももらう(後で気がつくと超でかくてショッキング)♪ロッカーへ行ってみると人がたくさんいる、これだけでも緊張する…o(;-_-;)o 2階はなにやらエンターテイメントでドライアイスみたいな白いガスで覆われているし、カーテンみたいなので仕切られてて見えないようにしている。

 2階にいても仕方がないので1階に行ってみると知っている顔ぶれがちらほら。中野島のメンバーはまだいないが、ものすごい暇なのでシューズ履いて1階の課題で戯れ始める。と、ちょっとしたらtokuさん、genさん、たけさん、みつきんさん、オーガさんがパラパラと到着(´▽`) ちょっとほっとする(笑)

 張り紙に出場の順番が載っていた。takaは10時過ぎ、僕は14時過ぎとかなり時間に差がある。おまけにミドルのメンバーはビギナー/マスターのクラスの登りを見せてもらえないらしく、takaの登りがみれなくなってしまった。昨日電話したら見れますと言われたのに当日変更になって相当遺憾でした。

 10時前に開会式が行われ、FIVE TENのスポンサー選手たちの紹介がありモチが少し上がる。ビギナーは早速予選が開始されtakaも2階へ行く。今回は観客として来たオーガさんにtakaの写真を写してもらうようにお願いをしてもらった(*- -)(*_ _)ペコリ オーガさんありがとうございました!
Dsc_3426
↑一応全てのホールドがどこにあるかは説明してもらえる。平井堅似のスタッフに指示されているtaka

Dsc_3434
↑1課題目をトライしているtaka。最後の一手がスローパーで保持が難しい

Dsc_3448
↑2課題目をトライするtaka。ハングってて難しいそう

Dsc_3460
↑3課題目。これもハングで難しいぞ

Dsc_3466
↑4課代目はボテから抜ける系。これは難しい過ぎだろお

 ミドルのメンバーは2階で待機。あと4時間もある・・・。ということで僕はgenさんと課題を打ち始めた。む、何だか不調…紺が登れない( ̄д ̄)エー 必死にやってたら猫パンチも食らうorz なんつーひどさ。でもできる緑もあったりで謎。こーなったらいつものパンプして回復して挑戦するというパターンにするしかない!つか、いつも外でも登れるときはギリギリ最後なんだよなぁぁ(・・; ということでマシンガンとは言わないですが茶色やら紺やらを12時半くらいまで打ち続けました(笑) 

 13時ごろアイソレーションに入りました。ルールはワールドカップと一緒らしく、オンサイトトライのベルトコンベア式、4分間隔。ですので、課題を見れないようにカーテンの後ろに隔離される、あれです。゚(PД`q。)゚。 僕は最後から2番目なのでカーテン後ろに1時間も待たされることに・・・。途中でトイレも行きたくなるし、外では登れたときの歓声やらで緊張はピークになってましたε-(ーдー) で、やっとこおいらの出番。中野島のメンバーの歓声の声が聞こえてくる。takaの声が一番聞こえたw 

<予選課題>
①うす被り+スローパーが少し⇒オンサイト
 1手目だけ頭で考えたムーヴと違い現場処理をしました。座ってみると1手目が違ったかなぁという感じなだけで、後は本当に好きなムーヴばかりだったのでよかったです。

②スローパーとカンテ⇒ボーナス1撃
 カンテを使えるのをすっかり忘れてて登れませんでした。スローパーを両手で保持したときに振られるのを耐えるのもしんどかったです(-。-;) カンテありで今度はトライしたいです~

③牙ホールドたち⇒オンサイト
 昔に横パンで見かけた牙ホールド。牙部分はガバだが、ひっくり返せばカチスローパーに早変わりするめんどいホールド。オブザベしてみるとやっぱりひっくり返っているホールドあるし、重なっていてガバが持てないようになっているのもあるじゃないか・・・。オブザベで動きはつかんだので持ち方は現場で処理するべと、登り始める。上のほうまではいけたが、最後から2個目のホールドが悪かったのでアンダー持ちにして登った。アンダーが悪かったからかなりヒヤっとした

④張りぼてを抜けて立ち上がる課題⇒オンサイト
 張りぼての下からスタートするが1手目のカチが遠いので心配でしたが、何とか取れた。3手目は張りぼての上にある超ガバホールドを取るのですが、遠いので足がはがれるだろうなぁと思ったら本当にはがれてしまって、しまいには片手だけの状態が一瞬ありかなーりヒヤリとしたが、何とか完登できましたε=Σ( ̄ ) おまけに股間を強打したみたいで登った後はうずくまってしまいましたorz

 ということで予選は3オンサイト、1ボーナスってなか感じでした。このコンペ、選手は隔離されているもんでみんなの具合が分からないが、予選突破できたぽい。予選が終わったのは14時45分、15時から決勝ということだったので1階で皆は待機。そのときにSlack Ropeで綱渡り大会が行われてました。おいらもトライしたが、これかなり難しい。一歩も足がでなくて落下www そうこうしている間にも決勝に出る選手が発表されたので、掲示板を見に行くとおいらは同率1位に入り予選突破。

Dsc_3489
↑綱渡り大会に参加したKevin

Dsc_3493
↑予選順位表に群がる選手たち

 決勝は16時からスタート。また隔離されましたw 今回は3課題だそうだ。ミドルで6人が決勝進出で、成績下順で開始。僕は4人目という感じ。

<決勝課題>
①Stemming(日本語でなんていうんだ?)の課題⇒オンサイト
 壁とは逆を向いて両手両足を突っ張って登る課題。最後は横ジャンプ。最後にジャンプするというところが核心w おいらはビビリで上でアタフタしてましたが最後はポーーンとジャンプして何とか完登 アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

②張りぼてを抜けて立ち上がる課題⇒オンサイト
 これ、予選の4課題目に似ているが更に悪くした感じ。ボテの上にある超ガバがガバになったって感じかなw

③木のボテを駆使して登る課題⇒全くダメ
 ボーナス点すらいけませんでした。ボーナスは上の巨大な木のボテを持ったところらしい。とにかくスタートも難しいし、上へ行くのも難しく結局完全なるorzでしたε-(ーдー)ハァ 皆登れたんだろうか?

 と、決勝は2オンサイトという結果。2位にはつけたんじゃないかという予想。

 引き続きマスターが始まり、中野島のエースtokuさんが出場。3つの課題とも僕にとってはありえない課題でしたがtokuさんはやっぱり強い!完登はなかったもののボーナス点は2個も取れてたしすげええええと思いました。小林ゆかちゃんも尋常じゃない強さで3つとも完登してました。
Dsc_3513
↑マスターの決勝1課題目を登るtokuさん。かっこよかったです!

Dsc_3550
↑小林由佳ちゃんののぼりはすごかった!

Dsc_3560
↑茂垣敬太さんの登りはもっとすごかった!

 最後にオープンクラス。とにかく人間と思えない動きをしてました。堀くん、茂垣さんが特にありえないと思いました。アメリカから今回出場したKevinもすごかった。鳥肌が立ちましたよ!

Dsc_3578
↑決勝2つ目の課題を登る安間くん、超つええ

Dsc_3597
↑オープン決勝最後の課題を登る一般からの出場者。これまたつおい!

 表彰式ですが、ミドルで2位と思っていたら1位になってました。うれしいが反面orz 来年はマスターで出るしかないです。商品はアプローチorクライミングシューズ引換券Uo・ェ・oU これはtakaにあげることにしまっす!Jet7が履けるといいね、でもモカシムオンサイトとか別のもあるから色々履いて選んでね~

Dsc_3634

 しかし本当に疲れた。7課題しか登っていない(いやアップでもっと登ったか…)が体中が痛い。きっと余計な緊張とパワーを使ってしまったんだろうなぁぁ

| | Comments (6)

May 15, 2009

5.10 CUP May 16, 2009

I will be competing in middle class at 5.10 Cup which will be on May 16, 2009.

急遽5.10 Cupのミドルが開いたのでエントリーしました。

相変わらず左小指が痛いし、超寝不足だから微妙だけどー、楽しみます

(`・ω・´)シャキーン

(´・ω・`)ノシ

Fivetencup_2


| | Comments (1)

March 03, 2007

Gravity Brawl 2007 に参加しました

Comp01I competed at Mammut/EMS Gravity Brawl 2007, which held at gym that I go to. I was in Intermediate because the rating was V3-4 and I do about V4 and try V5. The points are, if you make the route first time, you get the full point. If not you get 5 points deducted from the full point. The points are only counted from the best 5 so it is better to erase the lower points in the score. My goal was to get all V4s.

 3月3日に自分が通っているクライミングジムで行われたボルダリングコンペ 「The Gravity Brawl 2007」に参加した。Beginner(初心者 V0-V2)ではなく Intermediate(中級 V3-V4)で参加した。クライミングできる時間は10am-4pmで、いくらでも登ることができる。ルートには点数がつけられており、V0なら2桁台、V1なら100点台、V2なら200点台、、、と言った点数構成になってる。初回で登れたらフルに点数を得ることができるが、落ちたら落ちたごとに -5点されてしまう。最終的には登れた課題のうち、高得点5課題のポイントで競われることになっている。個人的にはV4(400点台)を揃えることを目標で挑んだ。

 10時前、開会式があり、その風景。Mammut のロゴがかわいいが、右には Mammut が持ってきたルートが設置してあった(トップ写真)。

 友人のJ氏。フィリピン系アメリカ人で自分よりもうまい。ピンボケだが、V3のルート。自分もフラッシュしたが、そんなには難しくないV3だと思った。J氏はM師匠(8位)と自分(14位)の間のスコアだった。
Comp02

 M師匠のV5トライ中。見事フラッシュしてしまい、ドンドン差がついてしまった…さすがです。自分はと言うと、やる気にもなれないような難しいルートだったのでやりませんでした(´・ェ・`)
Comp03

 友人のDちゃん。コロンビア人とフィリピン人のハーフというこれまた凄い&ステキな組み合わせ←関係ないってね。彼女も14位で終了したが、この写真はV2トライ中。もちろん彼女はフラッシュしてました。
Comp04

 V4をトライ中の自分。これは一撃できたルート。一箇所難しいかったが、それ以外は簡単だった。やっぱりコンペってところもあって、アドレナリンが出まくってたっぽいです!
Comp05

 これも別のV4。最後の一手を取れなく2度も落ちたが、3度目の正直で登りきった。
Comp06

 最後に頑張ったV5。。。結局落とせずで悔しかった(;´Д⊂) Bicycling しているところです。
Comp07

 こちらは Jason Kehl 。辮髪っぽいドレッドがかっこ良く、ビデオで見るあの叫び声と違って、非常におとなしそうな雰囲気な人だった。ジェントルマンというか、なんというか。彼は登らず、うろうろしていましたが、どうやら Mammut の設置したルートのホールドは彼が設計したものらしいです。
Comp08

 女性プロコンプで出ていた Sasha DiGiulian 。M師匠のオキニです。まだ若い(;・∀・)
Comp09

 こちらは Brian Kim。どんどん勝手に人をのっけてスンマセン。プロコンプで出てて、帰り際にこっそり写させて頂きました♪ふつーにアジア人の顔だし、座っていたときなんかはもうおっさんて感じで面白かった。
Comp10


 と言うことで、ちらほら出しましたが、自分は Intermediate の14位(2255点)で終了。目標は達成しますた!!
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

iPhone | iPhone-Apps | Mac | NJ生活 | NY・NJレストラン | アメリカのお酒 | アメリカ生活立ち上げ | クライミング | クライミング:Bishop | クライミング:Castle Hill | クライミング:Central Park | クライミング:Fontainebleau | クライミング:Governor Stable | クライミング:Gunks | クライミング:Haycock Mountain | クライミング:Hueco Tanks | クライミング:Lincoln Woods | クライミング:Nova Scotia | クライミング:Pawtuckaway | クライミング:Red Rocks | クライミング:Rumney | クライミング:Sourland | クライミング:Squamish | クライミング:Yosemite | クライミング:その他エリア | クライミング:コンペ | クライミング:ジム | クライミング:侍浜 | クライミング:具志頭 | クライミング:北山公園 | クライミング:城ヶ崎 | クライミング:大沢 | クライミング:安達太良 | クライミング:小川山 | クライミング:川井 | クライミング:御岳 | クライミング:武庫川 | クライミング:湯河原幕岩 | クライミング:王子ヶ岳 | クライミング:瓢 | クライミング:白妙 | クライミング:神戸 | クライミング:笠置 | クライミング:笠置山 | クライミング:笠間 | クライミング:裏御岳 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | フロリダ | ペット | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本語あってますか? | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ