クライミング:笠置山

September 22, 2009

SWボルツアー④(笠置山ボルダー 2)

Dsc_6041 朝起きたら昼神では雨がぱらついていた・・・┌|゚□゚;|┐ガーン!! もともと晴れだったはずなのにー。でもとりあえず笠置山へ向かう。

 長野と岐阜をつなぐトンネルを出たら足元は濡れてる・・・。登れないだろーなーと笠置山へ向かう。途中で入山記帳簿にプロ小○さんの名前が!登れるのかもーと期待を膨らませてテンプテーションエリアへ向かう。電波塔駐車場から下山して向かうルートにした。

 アップで8Qをやる。ガバだけど何か持ちにくいホールドたちだったし濡れてたしハイボールだし怖かった!恐怖核心でもう少しグレード上げてもいいんじゃないかな。

 途中でシャルマ氏作のwabisabi(3Q)を見てく。上部が濡れてた。他のクライマーいわく、最難3級らしい。更にゴールデンルーフを探しに下山。課題を見ながら降りていったのだが、岩のサイズが尋常じゃない。とにかくでかい。本当にでかくて、ここはBishopのButter Milkか?と錯覚するくらい。散策してたら途中でプロ小○さんと他メンバーと遭遇。ゴールデンルーフをやりに行くそうな。案内人がいるのでついていったw

 ゴールデンルーフに到着。岩は相当でかい、カッコいい。日本にこんなでかくてカッコいい岩があるなんて。下部は洞窟。さっそくゴールデンルーフ(1D)をトライし始める。プロ小○さんは余裕の一撃。すごいぜ。おいらは・・・下部で落下しプロ小○さんをネリチャギしちゃった・・・ゴメンナサイ。んで、強い集団は他の岩を触りに行くといって撤収。

Dsc_6049
↑ゴールデンルーフ(1D)を登るプロ小○さん。笑顔で登ってましたよ~w

 残されたおいらは下部のムーヴを固めることにした。結局、下部の核心を越えたら登れた。数トライしちゃいましたが非常に面白い課題と思いました。上部も意外に悪いところがあるので気をつけないといけないけどね…。笠置にしては甘い1Dですが客寄せにはとってもグレートだと思います!絶対に登っておきたい一品。


↑ゴールデンルーフ(1D)を登るたまりっひ

 お昼ごろだろうか、駐車場のほうへ向かう。途中でモモの岩の2Qをトライ。クラックにジャムか一手ランジ。一手ランジをトライしてたら左小指の皮をゴッソリ持ってかれて大量出血。止血したけどこの課題は宿題にした。切れたところがものすごい痛くてブルー&頭が真っ白になってたところ、となりの岩に人がいたのでそちらを見学し、指痛いけど触ってみることに。4Qをまずやるが2回トライで完登、難しい。SDにするとシャクジ(2Q)となるのでトライを開始。結構難しいがかぶってて面白いのでがんばって完登。余裕があったら1Qラインもやりたかったけど、今日は終了。2Qでも笠置山は本当に難しい。


↑シャクジ(2Q)を登るたまりっひ

 疲れも溜まってるし、takaは登れそうな課題がないので帰宅することに。17:00に出発し、恵那峡SAによって食事したりして、双葉SAに到着したのは21:00くらいかな。渋滞にハマって眠気が一気に来たので、藤野PAで寝ることにした、23:30だった。起きたら2:30、まだ渋滞してるし…。眠気もすっ飛んだので帰宅することに。家に着いたらもう4:00だった。
 

| | Comments (2)

September 21, 2009

SWボルツアー③(妻籠宿観光と温泉)

Dsc_5964 賤母で車中泊していた我々はダラーーっとしてボーっとして、さーレスト日である今日は何をしようと道の駅の売店に入ってパンフを物色。そしたら近くに妻籠宿(つまごじゅく)という江戸時代の面影を残す観光名所があるそうでそこへ行くことにした。

 道の駅の店がオープンしてきたのは9時過ぎくらい。石釜ピザ屋があるのが分かっていたのでオープンまで待って、アスパラピザを購入。とてもうまかった~♪

Dsc_5855

Dsc_5860
↑ピザ、おいしかった~。普段はお店で出してるらしい


 地図で妻籠宿の場所をチェック、すごい近いみたい。で、妻籠宿とはどんなところなのか?妻籠宿観光協会サイトから引用ですが、『江戸と京を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通ることから木曽街道とも呼ばれていました。中山道69次のうち江戸から数えて42番目となる妻籠宿は、中山道と伊那街道が交叉する交通の要衝として古くから賑わいをみせていました。』

 妻籠宿についてみると駐車場(500円)も空いててすんなり入れた。歩いていると江戸時代を思わせるような雰囲気の町並み。こんなのを見たかったんだよな~。ジャパンって感じでとても好き。木製ものが多く出展されている。日本酒は木曽路ものが多い。

Dsc_5872
↑稲穂が美しい時期ですねぇ

Dsc_5881
↑露出高すぎるけど、へちまの花がきれいだった

Dsc_5886
↑唐辛子など彩が美しい

Dsc_5891_2
↑用水路の水は透き通っててきれい

Dsc_5896
↑職人の技も見れてたのしい

Dsc_5902
↑木製のお猪口

Dsc_5906
↑朝顔と座る人

 途中で国宝のきんもくせいではない、「ぎんもくせい」も見ることができた。ちょうど時期だったみたい。香りはきんのほうがいいですが、希少価値としてはぎんのようです。色が白色なのが特徴。突然変異なのかなー

Dsc_5913
↑きんもくせい

Dsc_5920
↑ぎんもくせい。白いよー

Dsc_5923
↑ぎんもくせい全貌。このサイズは日本で2本しかないみたい。ジョークじゃないよ

Dsc_5927
↑自分たちのお土産にお箸を買ってった~

Dsc_5942
↑キレイに並んでる。日本の建築は美しいですね~

Dsc_5951
↑枡形の跡。90度に道を設計して敵の侵入を防いでいたそうです

Dsc_5958
↑石を置いているのが僕には印象的だった

Dsc_5969
↑水、きれいですね。偏光レンズフィルターつけてるので透き通ってみえる

Dsc_5971
↑傘職人

Dsc_5977
↑試飲を強いられるtaka(笑)

Dsc_5990
↑涼しげ

Dsc_6001
↑巨大ヘチマ

 妻籠宿でマロンソフトを食して宿である昼神にある「月川」へ向かった。SW事前に予約したのだが、たまたま空いていたところ。部屋は川が見えるところで贅沢^^ 温泉もものすごくキレイにしていて良かった。食事はどーかなーとか言ってたけど、最高においしかった。馬刺しは肉厚だったし、あまごの塩姿焼きはホクホクジューシーでうまく、黒毛牛の焼肉もうまかったな~。お酒は事前に買っていた多種の木曽路ビール。結構飲んでしまったし、疲れていることもあってすぐに寝てしまったよ~。

Dsc_6004
↑マロンアイス、栗が名物っぽい~

Dsc_6011
↑宿近くの川で遊んだ

Dsc_6023
↑部屋からは川が見える

Dsc_6016
↑限定のビール、と思ったら発泡酒。でもビール味、うまー

Dsc_6033
↑まだまだ出る食事~

 と、写真が多いブログでした・・・

| | Comments (0)

September 19, 2009

SWボルツアー②(笠置山ボルダー 1)

Dsc_5807 河も登ることができたので予定を変更して笠置山へ向かうことにした。

 9時半くらいに小川山を出て、SAを経由してお昼をしながら恵那ICに到着。

 恵那IC降りてすぐに左折し、白本(黒本に対して笠置山トポは白いから略して白本www)の通りに笠置山の入山受付記帳所へ向かう。途中に「笠置山クライミング」ってな看板がちゃんとあって簡単に分かった。入山受付記帳に記帳してお金を入れてきた。

 車で更に進むと大きな看板が出てきて、大岩コケエリアと電波塔エリアは左、テンプテーションは右とあったので左へ行った。でも、どうやら左は迂回コースみたいで時間がかかった(次からは右に行くことにした)。

Dsc_5804
↑恵那峡SAでだんごとお焼きを食べた。うまー

Dsc_5806
↑入山受付記帳所がこれ。

 小さな「笠置山クライミング」の看板をたどって大岩駐車場を通り越して、電波塔の駐車場に止めた。USAMIXさんなど駐車場付近で登ってる人がいた。

 今日攻めるのは大岩コケエリア。時計塔岩を確認し自分たちのいる場所を確認した。時計塔岩の課題は登らず、見晴台からスタートしてみようと思って見晴台に登ったら絶景でした。結局、見晴台の課題は見当たらない。ウロウロしてエグゾディアの岩に到着。まずは2Qをやってみようと触ったがぜんぜん進まない!辛い・・・。

 次はレッドブル岩に行ってみた。見たことあるクライマーさんたちが初段の課題をトライしてた。激むずそうだけど可能性はありそうだった。おいらは触らず、エルの岩に向かった。トラバース→かぶりの4Qドッかぶりの4Qと2つ課題がある。2Qがありえなかったのでドッかぶりの4Qをやってみた。良かったオンサイトできたC=(^◇^ ; ホッ!


↑エルの岩(4Q)を登るたまりっひ

 更に下山して岩を探す。見つけたのはスイートニコル岩で4Qが1つ。早速トライしてみたがテイクオフできず( ̄▽ ̄;)!!ガーン 全く歯が立ちませんでした。続いては5Qがあるペネロペの岩。takaが左側のほうのペネロープ(5Q)をやってみたがヒールスタートで結局完登ならず、でもおしかった。おいらは完登できた。そんでもっておいらはもう1つ右側のペネロペ(5Q)もやってみたがこれがまた難しい!!スタートが超パワー系で結局かなり打った…。小川山だと4Q以上になってしまいそうな課題でしたよ。

Dsc_5814
↑ペネロープ(5Q)をトライするtaka


↑ペネロペ(5Q)を登るたまりっひ

 お隣にあるグリンコットン(5Q)もやってみた。これは2回で登れた。takaも3トライくらいで完登。さっきのペネロペ岩の5Qとはえらく違うグレードだと感じた。でも登れてホッとした。

Dsc_5829
↑グリンコットン(5Q)を登るtaka


↑グリンコットン(5Q)を登るたまりっひ

 更になんかしてルーフルール岩へ向かった。そこには結構長い垂壁があった。トラバースで2Dと1Qがある。でもでもでもー、トポをよくよく見るとどうやら下地がかなり下がったっぽい。SDスタートが非常に難しい代わりに、トラバースがやりやすくなっている感じだった。まずは一番簡単な8Qをやってみる。がっ!!また笠置山グレードがでたーーーって感じでした!8Qと思えないくらい薄いカチと止まらないリップの小さいスローパー…。どーにかしてよーーーー!8Qがこんなに難しかったら初心者が登らなくなっちゃいますよ。ちょっとヒドイ気がする。で、おいらは結局のところリップにある小さいスローパーたちを無視して更に奥にあるガバにランジ…。スタンスが悪くてどれもスタティックで取れる気配がないので合えなくこれで・・・。で、マクロ(1Q)のトラバースをやってみた。1回目は間違って立ちスタートしてしまったが完登。続いて座ってスタート。1手目がありえないくらいむずい。けど何とかテイクオフして登ったε-(‐ω‐;) 8Qはありえないグレーディングだったけど1Qはありえるって感じでした。この日はこれで撤収。


↑マクロ(1Q)を登るたまりっひ。これでいいのかは若干疑問ですが…( ・ω・)モニュ

Dsc_5838
↑電波塔の駐車場には道しるべ用なのか風鈴がある


 夜はお風呂難民となったけど「中津川温泉クアリゾート湯舟沢」へ行った。夕食もここでとった。takaの食事はすぐに出たんですが、おいらのは出るのが遅くて1時間もかかった気がする・・・。でも飲み物をおまけしてくれて、ノンアルコールビアを飲んでみた。意外とビールっぽい味で酔った気分になれるw 風呂は露天が良かったなぁ。

 寝場所は賤母(しずも)の道の駅にした。車がたくさん停まってるのには驚いた。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

iPhone | iPhone-Apps | Mac | NJ生活 | NY・NJレストラン | アメリカのお酒 | アメリカ生活立ち上げ | クライミング | クライミング:Bishop | クライミング:Castle Hill | クライミング:Central Park | クライミング:Fontainebleau | クライミング:Governor Stable | クライミング:Gunks | クライミング:Haycock Mountain | クライミング:Hueco Tanks | クライミング:Lincoln Woods | クライミング:Nova Scotia | クライミング:Pawtuckaway | クライミング:Red Rocks | クライミング:Rumney | クライミング:Sourland | クライミング:Squamish | クライミング:Yosemite | クライミング:その他エリア | クライミング:コンペ | クライミング:ジム | クライミング:侍浜 | クライミング:具志頭 | クライミング:北山公園 | クライミング:城ヶ崎 | クライミング:大沢 | クライミング:安達太良 | クライミング:小川山 | クライミング:川井 | クライミング:御岳 | クライミング:武庫川 | クライミング:湯河原幕岩 | クライミング:王子ヶ岳 | クライミング:瓢 | クライミング:白妙 | クライミング:神戸 | クライミング:笠置 | クライミング:笠置山 | クライミング:笠間 | クライミング:裏御岳 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | フロリダ | ペット | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本語あってますか? | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ